大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

通夜とは何か

人はいつか亡くなります。
そしてその際に通夜が行われます。
故人の魂は成仏する前に彷徨っているという考えなのですが、魂を正しい道へと導いて成仏させてあげるためにも通夜が必要です。

そうることで魂が天へと続く道となります。
古くからそのようなことを大切にさせられてきました。
葬儀というのはとても大切です。

通夜の夜は眠れないかもしれませんが、ゆっくりと心を落ち着けて眠る方が大事です。
体力と心の余裕を整えていきましょう。
現代では通夜に参列されるほうが多くなっています。

葬儀を行う際よりも、通夜に参列される人が多いのは、多忙で忙しく時間が割けないというような人が多い地域に偏っています。
ですので、古き良き考えや週間も大事です。
ですが、時代の流れに沿っていくのならば、お通夜とお葬式を参加する場合と、告別式の日取りだけを確認して、お葬式に参加をするという形をとってもよいと思います。

通夜というのは仏式の流れのことでもあります。
というのも、受付から焼香、そして通夜ぶるまいまでの流れです。
大体60分~程度ぐらいです。

前後はありますが、通夜の参列はこのような形です。
勿論大人のエチケットとしてマナーは沢山ありますが、服装については黒で目立たないもの、男性でいえば時計も派手なものはいけません。
女性でいえば、アクセサリーも控えめ、つけたとしても真珠のネックレス。

また、2連付け以上の着け方はタブーです。
気をつけましょう。
葬儀に関係して、禁句もあるので重ね言葉は気をつけるようにしましょう。

お悔やみの言葉でも、心より…お悔やみ申し上げます。
というような言葉で締めるのが重要でしょう。
言葉は難しいですが、組み合わせが大事になりますので、この度は誠にご愁傷様で御座います。

として先程の言葉を語尾で締めるというのが宜しいかと思います。
堅苦しい印象を与えてしまうかもしれませんが、丁寧な言葉使いは印象もよいものです。
お悔やみの言葉には適していると感じます。

また、死因の理由や最後の様子等を聞き出すのはいけません。
注意しましょう。
いつこのようなマナーが必要になるかわかりませんので今の内に理解しておきましょう。