大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

焼香の仕方と種類

葬儀に参列するにあたって葬儀でももちろんルールというものが存在しております。
そういうルールを知らないと非常識な人となりますので葬儀においての礼儀作法などを把握しておくといいでしょう。
では葬儀の際に必ずあるといっても過言ではない焼香についてですが焼香の仕方を知っておきましょう。

まず焼香とは何かという事から把握しておいて貰いたいのですが、お線香を砕いたものと考えておくといいでしょう。
お線香の場合は時間がかかるため焼香になっていますがこの焼香をするのにもルールが存在しております。
ですので、ここで焼香の流れを把握しておくといいでしょう。

ではまず最初に数珠ですがこれは原則左手に持つようにします。
左手にもって焼香台へ進み焼香をする前に遺族に一礼をすることを忘れないようにしましょう。
遺族への一礼がすみましたら焼香台へ進みますがすぐに焼香をするのではなく焼香をする前に一度合掌をします。

そして焼香となりますが焼香の仕方はまず親指、人差し指、中指の三本で香を手にとります。
この手にとった香を額のところまで持ってきて目を瞑り香炉に落とします。
これは1度ではなく3度繰り返しましょう。

終わりましたら再度合掌をして遺族に一礼をして自分の席に戻ります。
これが一連の流れになりますので覚えておいて貰いたいのですが、これ以外にも座礼焼香というものもあります。
これはまた違う焼香の仕方となりますので覚えておくといいですがあまりありませんのでもう一つの方をしっかりと覚えておくといいでしょう。

また焼香にも種類があり、回し焼香、立礼焼香 、座礼焼香 という焼香の種類があります。
葬儀をする家庭によってどうしても焼香の種類などが変わって来ますので出来れば全ての焼香の方法を把握しておくといいのです。
ですが一気に詰め込むと混乱してしまう場合がありますので一つずつ覚えていくのが一番いいでしょう。

また一番多いのが立礼焼香となりますのでこの立礼焼香の方法だけは覚えておくといいでしょう。