大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

日本で二番目に多い神式

日本で一番多いのは仏式ですがその次に多いのが神式葬儀です。
一番の違いは、告別式の際の儀式のことを葬場祭表現しています。
また神式葬儀が仏式と違うという点は手水の儀と、そのあとに執り行う玉串奉奠です。

仏式でいえば、焼香の行為のことです。
場所(地域)によって当てはまらない場合がありますので事前の確認をしておきましょう。
葬儀には数々のマナーがあります。

言葉一つ、行動一つ、どれをとっても失礼のないようにしなければなりません。
仮通夜、本通夜、遺体との対面の順番がありますが所作も決まりがあります。
それらを正しく理解していきましょう。

仮通夜では、挨拶芸井戸で済ませて終えることがいいでしょう。
マナーとしては挨拶のみです。
本通夜の際は、あまり長いをせずにいることも重要です。

大抵の人には一般常識がありますから、最低限の行動は理解していると思います。
遺体との対面の際は、作法がありますが、枕元から少し下がりながら正座をします。
一礼後に、遺族の方々が白布を外すと思いますので、膝をつけたまま近づきます。

一礼を済ませて、合掌をします。
その後遺族の方に言葉を述べるというのが通例ですが、この言葉がとても重要です。
「死」を連想させるような表現の言葉は控えましょう。

無難でいえば「安らかなお顔…」というような表現が宜しいかと思います。
全てに当てはまるわけではありませんので十分に気をつけてください。
禁止もありますが、重ね言葉は絶対に使わないようにしてください。

「たびたび」などです。
忌み言葉では、迷う等などがあります。
禁句の言葉がありますが、知らないうちに挨拶の事例とあいまって使ってしまう場合があるかもしれません。

発言には十分に注意をしていきましょう。
その為、ゆっくり静かにお話をされることをオススメします。
葬儀によって作法はありますが、大人のエチケットとしてしっかりと見につけておきましょう。

神式葬儀の場合は不祝儀袋は白色のようなもの、シンプルなものを選びましょう。
仏教にちなんだ絵柄というものもありますので、不祝儀袋は使わないように気をつけてください。
意外に見落としがちな部分です。

表書きはご霊前などです。
葬儀の際には色々注意がありますが不測の事態に備えて理解しておきましょう。