大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

香典の相場はどれくらい?

香典の相場という前にまず香典についてある程度知っておいて貰いたいのですが、香典というのは通夜や葬儀で花などの代わりに供えるものとなります。
弔うという気持ちですのではっきりとした金額はないのですが常識的な相場というものが存在しております。
ただ一律の金額というものではありませんのでその点は理解しておいて貰いたいのですが、その前に香典を入れる袋について知っておいて貰いたいのです。

ですが、香典を入れる袋というのは宗教によって違ってきます。
仏教やキリスト教、そして神前とありますがこの宗教によって香典袋の種類も変わって来ますので出来れば亡くなった方の宗教を知っておくことも大切となります。
また知らない場合であっても全てに対応している香典袋もありますのでそういったことも常識的に知っておくことが必要になります。

では相場になりますが年齢や関係、地域によってこの相場というものは変わって来ます。
まず親族の場合ですが、兄弟や親、祖父母がなくなった場合は20代でしたら1万から10万の間になります。
近ければ近いほど金額が上がっていくということになります。

また30代の場合も1万から10万ですが20代より多めに入れるのが理想となっております。
また40代になると3万円から10万円となっております。
祖父母より兄弟、兄弟より両親という風に近い人ほど高くなるということを覚えておくといいでしょう。

次に知人や恩師などの場合はだいたい3千円から1万円程度となっております。
面識の度合いで変わってくるということを覚えておくといいでしょう。
勤務先の同僚や上司なども同じように3千円から1万円程となりますので覚えておくといいでしょう。

このように香典にも相場というものが存在しておりますのでしっかりと相場の額を覚えておくといいのではないでしょうか。
また通夜と葬儀の両方に出席する場合もあるかと思いますがそういった場合に関しましてはどちらか片方だけで香典を渡すということも覚えておくといいでしょう。