大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

お葬式で慌てないために

お葬式では慌てないようにモラルやマナーをしっかりと見につけておかなければなりません。
そしてこのようなケースは突如として求められる場合が非常に多いです。
知らず知らずのマナーではあるかもしれませんが、大人になるにつれて自然と学ぶかもしれませんが、今の間に再認識と理解を進めていきましょう。

お香典の費用についてがまず一つあります。
金額によって差額がでるのは大抵の決まりごととしてあげられています。
身内の場合は両親が亡くなった場合は約10前後です。

兄弟の場合は3、5程度。
祖父母の場合はケースによって分かれますが結婚して家庭があるのならばお香典は必要です。
独身の場合は喪主がその親が勤めることになるのでお香典は必要ありません。

様々なケースによって変わってきますが、他にも職場などの場合は多くて1万前後です。
知人などのケースもそれが多いでしょう。
またお金を包む際ですが、新札ではいけません。

古いお札を包むようにするのがしきたりでもあります。
良く間違っている人がいますが、新札はご祝儀、お香典は古く痛んでいる物を包むの通例です。
またその際不祝儀袋の記入は、あらゆる宗教などによって変わりますので注意が必要です。

また、ボールペンやサインペンでは絶対にいけません。
これは大変失礼に値しますので気をつけるようにし徹底してください。
きちんと筆を使うことが大事です。

また訃報を受けた場合は、確認をしっかりとしましょう。
誰が亡くなったのかということ、通夜と葬儀の日程。
喪主の確認、宗教等の確認(宗教によって様々なケースがあります。
細心の注意を払いましょう)また弔問の際の作法は、お亡くなりなさった方の枕元から少し下がり、正座を行います。

その際一礼をします。
そして遺族の方が白布を外したら、膝をつけた状態のまま近くまで移動します。
そして合掌礼拝を行い、少し下がって遺族に一礼をすませます。

またこの場合、遺族の方がすすめない場合は対面を控えましょう。
それが礼儀であります。
沢山のマナーがありますが、不足の事態に慌てないようにしましょう。