大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

香典袋の書き方と渡し方

冠婚葬祭では必ず必要となる祝儀袋や香典袋の書き方ですがここでは香典袋をどう書けばいいのかを理解しておくといいでしょう。
では書き方ですがまず表書きですがこれは基本的には「御霊前」という書き方をすることをオススメします。
この表書きについてはいろいろな書き方がありますが実は宗教にあわせて書くものが違います。

しかしこの「御霊前」に関しましてはどの宗教であっても統一して記載してもいいものとなりますので覚えておくといいでしょう。
通夜の場合でも葬儀の場合でも使用することが出来るという事を覚えておきましょう。
もちろん上段にこれを記載して下段は自分の名前を記載するということを覚えておくといいでしょう。

では御霊前以外にどういう記載の方法があるのかというと宗教で違いがあるという事は説明しました。
ですが、まず仏教の場合でしたら「御霊前」のほかに「御香典」や「御香料」という記載の仕方があります。
そしてキリスト教の場合でしたら「御霊前」のほかに「御花料」となります。

神式の場合でしたら「御霊前」のほかに「御玉串料」や「御榊料」というものを使う場合が多くなります。
また香典袋の種類も宗教によって違いが出てくるという事を覚えておくといいでしょう。
次に渡し方ですが、どういう風に渡せばいいのかというと、通夜と葬儀のどちらも出席する場合は通夜に渡すのが言いといわれております。

また多い方がいいという事で香典を通夜と葬儀の両方にもっていくというのはよくありません。
葬儀の際は言葉などもそうなのですが、重ねるという事をタブーとしております。
ですので、香典も重ねて持っていくということはよくないとされているということを覚えておくといいでしょう。

また渡し方に関して受付がある場合は受付に渡すようにするといいでしょう。
また受付がない場合は礼拝の際に親族の方に直接お渡しするか、もしくは霊前に供えるということもできます。
こういう風に渡し方にもいろいろとルールがありますので覚えておくといいでしょう。
お葬式でよく使う葬儀用語についての記事も参考にご覧ください。