大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

自由な形で行う無宗教

様々な葬儀の形式がありますが、宗教に偏らない無宗教葬儀というのもあります。
これは、個人の意思や遺族の希望によって執り行われることが殆どです。
宗教にかかわりがないので、通常の葬儀とは違い、僧侶や牧師などもいりません。

全ての式を取り決めることが出来ます。
多く見られるパターンとしては、知人、身内を集めて、献花を行うことが多いです。
大抵の流れは決まっていますが、他の葬儀とは違って決まりごとはあまりありません。

この葬儀の場合は特殊といえるので、故人が好んだ音楽等は流される場合があります。
宗教によっても様々ですが、このような場合の葬儀もあるということです。
また殆どが作法に気をつけるとはいうものの、決まった方法はありません。

宗教的な儀式とは違いますので、指示に従って行えば問題ありません。
故人の愛用品や思い出の遺品だったりを演出として行われるので他の葬儀とは違ったものがあると思います。
無宗教葬ですが、宗教者や寺院などと関係が無い方、故人の希望や、遺族の意思による場合、宗教儀礼が窮屈で好まない方等がされています。

また、葬儀というのは大変費用がかかるものです。
葬儀の費用は人によって様々ですし、故人の意思を尊重すべきことや、葬儀だからこそ盛大に振舞うという方もいます。
どちらにしても遺族の方や故人の意思を尊重した上で、合うプランを提案してもらえます。

亡くなった方のご冥福を祈ることは勿論ですが、予め不測の事態に備えて伝えておくことが望ましいと思います。
また無宗教以外にも「火葬」のみという方もいらっしゃいます。
ひっそりと済ませたい方や、遺族だけで後日お別れの会をされる方がこの場合に見受けられます。

人はいつか死を迎えます。
それは誰もが同じです。
葬儀を盛大にしてもらいたい人もいれば、しっとりとしてほしい人等にも分かれます。

亡くなった方の意思を尊重してあげることが最も大切だと感じております。
人の命は尊いです。
だからこそ今出来ることをしてあげるという気持を常にもっていましょう。

大人のエチケットとして葬儀のマナーなども抑えておきましょう。