大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

日本で一番多い仏式

お葬式には種類があります。
そして日本で多いとされているのがこの仏式にあたります。
日本での相場は約200万前後。

これが平気的なものだと思います。
実際は色々な出費もありますので更に倍増します。
大まかな出費ですが、葬儀一式、寺院などの費用。

飲食等の接待費などです。
この仏式は大体8割を超えるほど日本では行われています。
稀なケースを除いて、仏式葬儀のモラルやマナーを徹底していれば良いと思います。

数珠を使ったりするのもこの仏式のみといえます。
他にも、キリスト式葬儀、神式葬儀などもありますが、それらはケースによってモラルやマナーを徹底して覚えていきましょう。
また通夜と告別式について理解を深めていきましょう。

亡くなった方に対して行う儀式が通夜といいます。
そして親族は身内関係の人たちで祈りを捧げて冥福を祈ることです。
また、当日に仮通夜をして、翌日に本通夜を行うというのが一般的とされております。

告別式についてですが、亡くなった人の魂の成仏を祈り、お別れを告げる最後の儀式となっています。
身内や、親近者、一般の会葬者が焼香を用いて祈りを捧げた後、火葬を行う取り決めです。
これからの流れにもルールがありますし、マナーも知らないうちに話している事など沢山あります。

大人になってから知るのではなくて、早い段階から「前もって準備」しておくことがエチケットだといえます。
知らないでは済まされないこの知識を今の間にしっかりと学習していきましょう。
お焼香は週はによっても違いがありますが、基本は遺族に一礼を済ませて、黙礼を済ませて、右手で香をつまみます。

額とのころで押し頂きます。
それを香炉に静かにくべた後に、合掌礼拝を済ませて、遺族に一礼をする動作となります。
これにも形がありますが、人が多い場合は1回だけの動作となる場合もありますので、葬儀に向かう前に事前に確認を取っておきましょう。

合掌の仕方にも正式な決まりがあります。
指を話さずに手のひらをくっつけて胸の前で手をあわせて祈ります。
リラックスして行うことが大事です。

この形が代表的なものです。
沢山のお葬式のマナーがありますが、不測の事態は急に起こるものです。
正しく理解しておきましょう。