大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

女性の服装の基本

通夜や葬儀に参列する場合はいろいろなルールがあります。
ご焼香の仕方だったり、香典の額だったりなど常識というものが必要になってきます。
そんな中で必要とされるのが服装になります。

男性と女性でもちろん服装は違いますが女性はどういう服装をすればいいのかということを知っておくといいでしょう。
では服装に関してですが、通夜と葬儀では服装は違います。
通夜の場合は黒か暗い色のワンピースまたはスーツとなります。

次に葬儀の際ですが、葬儀は喪服の着用をすすめますが喪服というのは黒のアンサンブルスーツがオススメです。
またスカートの長さは膝下でストッキングも黒を着用しましょう。
これが女性の通夜や葬儀の服装の基本となっております。

この服装をしらない場合は非常識な方になりますので服装だけはしっかりと覚えておくようにしましょう。
では服装だけでいいのかというとそうではなく、もっと言えば、メイクやバッグなども葬儀用というものが存在しております。
どういったものなのかというと、まずメイクは出来る限り薄くして髪も一つ結びなどシンプルにしておくようにしましょう。

もちろんマニキュアなどの色がついているものも落としておくようにしましょう。
次にバッグですが、バッグに関しても光沢のない色の暗いバッグを選ぶようにしましょう。
さらに靴も黒のシンプルなものでアクセサリーは結婚指輪のも大丈夫とされております。

こういうように服装一つに関しましても葬儀のルールというものが適用されます。
一通り見てみると意外と知らないこともあるのではないでしょうか。
服装のみ暗くしていけばいいと思っている人も少なくはないですがアクセサリーなどもちゃんとしたルールがあるということを知っておくといいでしょう。

葬儀においてこういう事を守らないと非常識になってしまいますし、亡くなった方へ失礼になりますのでしっかりと覚えておいて葬儀にいくということが大切となります。
行く前にはきちんと確認しておくことが大切です。
気になるお葬式にかかる費用の相場についての記事も参考にご覧ください。