大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

個人との関係、地域性によって変わる香典の額

親戚等が亡くなった際に通夜や葬儀をするとは思いますがこの葬儀について知っておくような事が沢山あります。
葬儀をする際の流れであったり、亡くなってから葬儀までどう進めればいいのかなど沢山あります。
また弔問側としても香典の書き方などといったものを覚えておいて貰いたいのですが、この弔問客側で覚えておいて貰いたいのがお香典の額となっております。

冠婚葬祭ではある程度常識的な金額というものをしっておくようにしましょう。
もちろんその人それぞれの経済面もありますので必ずそれを払わないといけないという事はありませんがある程度の常識として頭に入れておくようにするといいでしょう。
では香典についてですが立場だったり、それ以外の年齢だったりで額が変わって来ます。

まず亡くなった方が両親だった場合、香典は20代が3万から10万、30代が5万から10万、40代以上が10万以上となっております。
次に祖父母が亡くなった場合ですが20代が1万、30代が1万から3万、40代以上が3万から5万となります。
そして兄弟の場合は20代が3万から5万、30代以上が5万となっております。

ここで疑問に思うのが親族でも香典を払わないといけないのかというと喪主以外の親族も全員香典をしはらわなければいけませんのでおぼえておくといいでしょう。
また親族以外の場合ですが、まず友人や知人でしたら20代が5千、30代が5千から1万、40代が1万以上となっております。
またこの金額は勤務先の上司や同僚でも同じ価格となっておりますので覚えておくといいでしょう。

また恩師であったり、近所の方が亡くなったという場合でしたら20代が3千から5千、そして30代以上が3千から1万となっております。
またこの額に関しましては関西圏では若干低めに設定されているなど地域によって多少差がでているということも理解しておくといいのではないでしょうか。
ある程度の常識を知っておかないと非常識な人間という風になってしまいますので自分の立場における香典の額を知っておくといいでしょう。
またこちらのよくある相続問題についての記事も参考にご覧ください。