大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

こんな服装はNG

何をするにしてもルールというものが存在しております。
もちろん葬儀でもルールが存在しており、その中で服装のルールも存在しております。
喪服といってもそれだけではなく弔う場ですのでそれなりの細かい点も把握しておくといいでしょう。

基本は黒でそろえるということですが、これはNGだというものを把握しておきましょう。
では男性の服装に関してですが白のシャツに黒の喪服、そしてネクタイを着けていけば問題はありません。
基本的に色のついているものを着けていくことはNGとされておりますのでそれだけ気をつけておくといいでしょう。

女性の方ですが、女性の方のNGは以外と縛りが多くあります。
どういった縛りがあるのかというものですが、基本的に喪服を着ていけばいいのではないかという感覚の方が多いです。
ですがもちろん喪服ですが、スカートの丈は膝下までのものにしましょう。

またノースリーブなどもNGとなっておりますので覚えておくといいでしょう。
次にシャツですが白は避けて黒のものを着用することをオススメします。
白の方もいらっしゃいますが正直オススメは出来ませんので黒のカットソーなどにするといいでしょう。

ストッキングも黒にしてもちろん網タイツなどはNGとなっております。
バッグも光沢が入ったものや色がついているものはNGとなりますので黒のシンプルなバッグを用意しておくようにしましょう。
アクセサリーは基本的にはしないようにします。

ピアスやネックレスなどはNGとなりますがパールのもののみ大丈夫とされております。
それ以外はNGとなっておりますのでここも大切です。
髪型もシンプルに一つにまとめたりすることがよくもちろん巻いたりセットしたりすることは失礼にあたりますのでNGとなります。

化粧はなにもしないのではなく濃すぎず薄めにメイクをするのがいいといわれております。
このように女性側には結構NGとなることがありますので覚えておくといいでしょう。
今では男性もアクセサリーをつけている人がいますのでそれもNGとなることを覚えておくといいでしょう。
また、こちらの相続する財産の見分け方についての記事も参考にご覧ください。