大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

葬儀の種類によって変わるマナー

葬儀には沢山の種類があります。
まず進行を理解しなければなりません。
一同着席、僧侶入場、焼香、僧侶退場、喪主あいさつ、通夜ぶるまいが一般の通例ではあります。

ですが、その時々に応じたマナーが存在しています。
通夜は開始10分前には最低到着しておきましょう。
仮に遅れたとしても必ず駆けつけるようにしましょう。

その際は受付の人に話をして、案内をしてもらったのちに後ろの席へいきましょう。
それがマナーの一つです。
またお悔やみの言葉にも様々なタブーが存在します。

事前に調べておくようにしましょう。
宗教によっての言葉もあります。
「死」を連想するような言葉は控えます。

また遺族へお話なさる場合は、言葉を丁寧語に変えて、できる限り失礼の無い言葉にしましょう。
重ね言葉も注意が必要です。
言葉によっても様々ありますが、一つ一つの言葉を丁寧に、そしてゆっくりと話をすることでそれらのマナーを守りつつ行動できると思います。

冷静にゆっくりとを大事にしてください。
葬式の種類も分かれていますが、数珠の使い方などにも違いがあります。
仏式の場合は礼拝用の数珠等を用いて、祈りを捧げます。

読経中、拝礼、合掌、焼香といった流れの中で数珠の使い方にも決まりがあります。
気をつけるようにしてください。
神式、キリスト教式も異なります。

十分に配慮なさってください。
特に葬儀というのは何時起こるかわからないものです。
十分に注意をして配慮を行うようにしてください。

他の事で沢山マナーは変わりますが、人の命は何時消えていくかわかりません。
また自分いつそのような立場になるのかも想像つかないと思います。
喪服にしても、事前にそろえておくのがエチケットとされています。

「大丈夫だから…後で」というわけではなくて、事前に準備をしておくことで不足の事態にも対応できるようにしておきましょう。
香典の際や、一礼一つでもモラルが問われる物です。
大人だからこそしっかりと理解をして、マナーをきちんと行うようにしていきましょう。