大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

男性の服装の基本

葬儀においては服装に決まりがあります。
これは以外に忘れがちなことも多いですのでここで正しく理解をして大人の作法を行いましょう。
まず、ダークスーツ、白いシャツのみ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴、ベルトも黒、時計は派手めなものは控えましょう。

これが男性の服装の基本です。
ついでに女性についても軽く触れておきましょう。
スーツはシックなもの。

アクセサリーは真珠を身につけましょう。
2連づけは当然禁止です。
通夜の際は、地味な服装が一番です。

それが通例ですので安心して下さい。
急な際は喪服もないと思いますが、喪服を着ていくと失礼に値するということを覚えておいてください。
急な際は平服で問題ありません。

訃報を聞いてから時間がある場合に限って、喪服でも可となります。
通夜の際も気をつけて置いてください。
葬儀の際は派手な服装は必ず避けてください。

マナーとしてはこのようになります。
基本の形を聞いてみて大抵の人が普通だと感じると思います。
マナー他にも作法がありますが、服装のみならず、大人として正しく作法を行えるようにしていきましょう。

失礼のないように参列するのが重要です。
またお悔やみ言葉も気をつけるようにしてください。
そして出来るだけ静かに、失礼のないようにを心がけておくこと、ゆっくりとお話されることをオススメします。

たまに火葬の際や待機時間に声が聞こえたり談笑をされている場合がありますが、大変失礼です。
人間性に問題があると感じます。
静粛な場です。

緊張感を持つとともに、大人としての品格を持つようにしておきましょう。
作法も重要ですが行動においても責任を持つようにしましょう。
また多数の方が参列しています。

遺族の方の悲しみを考えるとそのような行為が出来るのが信じられません。
私だけと思わず、気をつけてください。
服装についてもう一点重要なことがあります。

ですが、また寒さや暑さによってスーツは難しいと思いますが、地味目な服であれば失礼になりません。
服装についても決まりがありますが、正しく理解しておきましょう。