大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

葬儀の挨拶例と注意点

近親者が亡くなった場合に葬儀を致しますが、葬儀の際の挨拶の仕方やそれに応じた注意点があるという事を知っておりますでしょうか。
挨拶といえば会釈をするくらいの事だと思っているとは思いますがお通夜から葬儀までそのような簡単なものではありません。
まずお通夜からですが、お通夜では弔問された方に対してのお礼や挨拶の言葉を用意しないといけません。

来て頂いてありがとうの意味をこめて挨拶を用意しておくことが大切です。
次に葬儀での挨拶となりますが、基本的には喪主の方がされるというのが一般的になっております。
喪主の方がされるのですがこの時点で挨拶文を作っておくようにしましょう。

またご焼香の際の会釈も挨拶の一つだということを忘れないようにするといいでしょう。
そして、精進落としが全てが終わった後にありますが、この精進落としの際も喪主の挨拶があります。
このように挨拶というのは葬儀をする上で色々な場面で必要になっておりますので容易をしておかないといけないということを覚えておくといいでしょう。

ではこの挨拶をする上で注意をすることがあるというのをご存知でしょうか。
自分で挨拶文を書いてただ葬儀で読むだけではなく、書き方にも注意が必要だという事になります。
では何に注意すればいいのかという事になりますが、忌み言葉に注意をする必要があります。

この忌み言葉というのは葬儀など人が亡くなったところで使うのにふさわしくない言葉となります。
ではこの忌み言葉というのはどういったものがあるのかというと、重ね重ね、しばしば、またまた、再び、続いてといたような繰り返しに関した言葉を忌み言葉とされております。
不幸が繰り返されるといったようなイメージが出てきますのでこういう言葉を使わないようにするという事があるという事を覚えておきましょう。

また喪主側だけではなく弔問された方の挨拶の仕方ですが基本的にお悔やみの言葉を賭けてあげます。
ただ精進落としの際に弔辞が必要なところもあります。