大人のマナー

葬儀とは何か
こんな服装はNG
キリスト教式
香典の額
早めに葬儀社に連絡
告別式とは何か
女性の服装の基本
一番多い仏式
二番目に多い神式
焼香の仕方と種類
男性の服装の基本
自由な形で行う無宗教
お葬式で慌てないために
葬儀の挨拶例と注意点
種類によって変わるマナー
葬式に参列するとき
葬式を行うとき
通夜とは何か
香典の相場は?
香典袋の書き方と渡し方

葬儀とは何か

葬儀とはお通夜や告別式とは意味が異なります。
あまり詳しく考えた人もいないかもしれませんが正しく理解しておきましょう。
葬儀というのはなくなった人を現世からあの世へと導く為の宗教的な儀式のことになります。

告別式というのは、なくなった人と会葬者がお別れをする最後の社会的な儀式ということなのです。
昔は別々の儀式で行われていましたが、最近の傾向としては同時に進行することが沢山です。
時間は大体60分前後です。

時間がかかったり、費用や負担もかかるということで同時に行われることが多いです。
また簡単にすると、お坊さんがお経を読むことは葬儀で、焼香してお別れを告げることを告別式と覚えておけばいいでしょう。
一般的なものはこのような形で行われます。

葬儀や告別式は一連の流れで決められています。
受付から~お別れの儀式、その後の出棺が通例です。
またこれらは僧侶の進行の仕方で順番が多少変更しますので、正しいという順番はバラバラであります。

ただし、どうなったとしてもマナーがありますのでしっかりと理解しておきましょう。
また参列する場合は大抵15分~20分前には受付を済ませて静かに待っていることが良いでしょう。
それが大人のエチケットだと思います。

また多く見受けられることですが、最後の出棺の際の待ち時間やロビーなどで待機している際に談笑したり話し声が聞こえる事があります。
ですが、大変迷惑であると同時にモラルが欠如しています。
決してしないようにしましょう。

失礼極まりない行為です。
人の品格さえも感じます。
他人の気持ちが分からない大人はマナー以前の問題です。

十分に気をつけておくようにしてください。
他の葬儀の形式によっても作法は変わります。
大人になって知らなければ勉強すればいいだけです。

大人のエチケットとして今の間に理解を深めておきましょう。
人は何時亡くなるかは分かりませんし、自分の立場でも同じですよね。
今の間に出来ることをしっかりとすることを再確認してください。

また大切な人、家族がいるひと、両親等には葬儀のことについては多少希望を伝えておくことが良いでしょう。
葬儀の理解を深めて作法をしっかりとしておきましょう。